Close

宿泊プラン

客室

レストラン & バー

パーティー&MICE

エステ

ウェディング

オンラインショップ

観光

アクセス

施設案内

お問い合わせ

採用情報

鳥羽国際ホテル

Restauranr Reservationレストラン予約

メインダイニング シーホース

ご予約はこちら

和食レストラン もんど岬

ご予約はこちら

Staff Blogスタッフブログ

スタッフブログ

鳥羽歳時記 十一月 「冬の海」

十一月も半ば、そろそろ寒さが本格的になってきました。

 

鳥羽、伊勢志摩の風物について、文筆家の千種清美先生のお話を元にご紹介する「鳥羽歳時記」第八回目です。

 

「冬の海」

 

暦の上では、「立冬」を過ぎ、冬に入りました。
凩が吹き、寒さが増すこの時期ですが、鳥羽では比較的天候は安定し、穏やかな日が続いています。
この時期の、そのような日を「小春日」といいます。
先日、気温は約20度、風も凪ぎ、晴天がまぶしく海に反射していました。

IMG_5979

突堤(とってい)のあをぞら冬に入りにけり 中岡毅雄
海の音一日遠き小春かな  暁台

 

 

この時期、伊勢湾では、鯔(ぼら)の大群が外洋へ出ていきます。
かつて、鳥羽市石鏡町の鍋釜落(なべかまおとし)岬には、魚(あら)見(み)小屋(ごや)が置かれ、魚群を見つけると魚見番が村へ知らせました。
鯔はオボコ、イナ、ボラ、トドと、成長するにつれ呼び名が変わる出世魚でもあります。
また、江戸時代には鳥羽藩の財源でもあり、当時の鳥羽城は、光に敏感な鯔が逃げないように、外側を黒、内側を白に塗っていたそうです。
(そのため、二色城「錦城」といわれていたそうです。)

 

 

伊勢平野では、大根が旨みを増し、寒風にさらす、はさ掛け作業が間もなく行われます。
そして特産の、伊勢たくあんが作られます。

鯔の飛ぶ夕潮の真ッ平かな  河東碧梧桐
伊勢湾の風をまともに大根干し  宮田枝葉

 

 

伊勢神宮では、23日に新嘗祭が行われます。
収穫された新穀を神に奉り、その恵みに感謝し、国家安泰、国民の繁栄をお祈りします。
皇居では、天皇陛下がお育てになった新穀を天神地衹(てんしんちぎ)に供え、「神人共食(しんじんきょうしょく)」の習わしのもと、御自らもお召し上がりになります。
「食」とは生きるための栄養と捉えがちですが、お供えしたものを皆で食す「直会(なおらい)」にもみられるように、共同飲食の重要性を、日本のお祭りは大事にしています。

 

凪いだ海と色づいた山々。
実りに感謝し、新穀をいただく新嘗祭。
この時期ならではの風物に触れてみてはいかがでしょうか。

スタッフブログ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加